有名な頭痛の一種

男性

頭痛の特徴と症状

片頭痛は頭痛の一種で、頭の片側のみ発作的な痛みが走ったり、脈打つような痛みが定期的に起こる症状の事を言います。漢字では偏頭痛とも書きます。片頭痛のメカニズムは頭部の血管が拡張・炎症を起こして痛みを発生させると言われていますが、その直接的な原因には幾つかの説があります。有名なところでは三半規管の血管に原因を求める説があります。片頭痛は頭の片側に発作的な痛みが走ります。ズキンズキンと脈打つような激しい痛みで、場合によっては寝込んでしまう程の強烈な症状を伴います。一カ月に一度、あるいは一週間に一度というスパンで症状が出ます。片頭痛の症状が出てから一時間から二時間の内に痛みのピークが到来します。その後は四時間から最長七十二時間ほど痛みが残ります。片頭痛の症状が出ている時は、身体を動かすだけでも鋭い痛みを発する場合があり、より状態が悪化するとベッドから動けなくなる事もあります。頭痛の中でも一般的に名の知れた片頭痛ですが、その症状は重く、日常生活に支障をきたす事もあります。

頭痛の前兆を治療

片頭痛によって吐き気や胃のムカツキが起こる事があります。この他、視覚や聴覚と言った感覚器官が片頭痛によって過敏になり、普段は全く気にならない光や音でも煩わしさを感じる事もあります。また片頭痛は前兆のある頭痛として知られています。片頭痛の前兆を感じ取れる人は二割から三割程度で、全ての人に前兆がある訳ではありませんが、他の頭痛にはない特徴と言えます。前兆現象にも幾つかの種類があり、目の前がチカチカしたり、視界の一部に閃輝暗点と呼ばれる症状が発生します。視覚以外には身体の感覚が鈍くなったり、失語症のような症状が出て喋れなくなったりする事があります。これらの前兆症状が出た後、十分から十五分後に頭痛が始まります。片頭痛には投薬治療が有効です。症状が軽い場合は市販の頭痛薬でも効果が見込めるかもしれませんが、基本的には医師が処方した薬を飲む事が回復の近道です。片頭痛の原因の一つに生活習慣が関係している事も明らかになっており、偏った食生活の改善や十分な睡眠時間の確保などの実践も重要です。